安部敬太社会保険労務士事務所
会社と労働者の明日を拓く! 安部敬太社会保険労務士事務所です!
「会社を元気にする!」
労務連続無料セミナー
事業主の皆さんのために
就業規則作成・変更
顧問契約
労災、雇用保険、健康保険、厚生年金に入る、入れる手続
労災、雇用保険、健康保険、厚生年金をもらう手続
退職金制度作成・変更/見直し
助成金申請
賃金制度作成・変更
給与計算
育児との両立プラン作成
高齢者継続雇用プラン作成
労働契約作成
農業・林業・水産業の労務・総務
労働基準監督署 調査・是正勧告対応
労使トラブルのあっせん
料金      お問合せフォーム
労働者と家族の皆さんのために
労働相談
労働問題・労働トラブル解決サポート
〜あっせん
労災、雇用保険、健康保険、厚生年金に入る
労災、雇用保険、健康保険、厚生年金をもらう
会社が雇用保険に入っていないときは
会社が健康保険、厚生年金に入っていないときは
労災保険申請/労災保険不服申立
障害年金申請/障害年金の不服申立
遺族年金申請/遺族年金の不服申立
料金      お問合せフォーム
事務所のご案内
プロフィール
Links



労災保険申請/労災保険申請不服申し立て
サポート


会社が労災申請で証明書を書いてくれない


 その場合でも、労災申請は可能です。できるだけ、仕事上のけがや病気だという証明できるものをそろえて、労働基準監督署に申請します。


どういう場合に労災になるか?


けが
けがの場合、労災となるのは以下の2つの条件がともに当てはまる場合です。
@使用者の指揮命令により仕事していたときに
A仕事が原因で、けがをしたとき
病気
病気の場合は、仕事中に発症しても労災とならない場合がありますし、逆に仕事時間外で発症しても労災となる場合があります。また、原因も仕事上だけでなく、複数ある場合も多いので、難しくなります。
@労働の場において有害な因子(有害な物質、作業など)にさらされいる状態にあること、あったこと
A有害因子を受けたこと、されされたことが主な原因で発病したこと、または既往症があったときでも、職業的な原因がこれとともに作用して、既往の病気が急激に悪化したことなどの場合

仕事に起因しての、うつ病や神経症など心の病気が増えています。このような心の病気の場合、どういうときに仕事上の病気と認められるのでしょうか。
対象疾病の発病前おおむね6ヶ月の間に、客観的に当該精神障害を発病させるおそれのある業務による強い心理的負荷が認められることなどが、条件とされています。
⇒詳しく

申請が認められないときは?


以下のように不服申立を2度行えます。
不服申立の名申立先請求期限方法
審査請求各都道府県労働局の
労災保険審査官
もとの決定があった日から
60日以内
口頭または文書
再審査請求厚生労働省の
労働保険審査会
審査請求の決定書が送付された日から
60日以内
文書

社会保険労務士は、この不服申立の書類作成、提出、陳述などの代理を行うことができます。


Web www.abesr.com

社会保険労務士
社会保険労務士 安部敬太
安部敬太
東京都東村山市本町

安部敬太社会保険労務士事務所